お伝えしたいこと❗️「無中を楽しむこころ ひとつ」・・・⁉️

これは私の経験からのお話ですが、様々なストレスによって「こころが固まってきたら」考える脳をお休みさせる事が良いです。私は偶然に白い紙に向かい字を、言葉を書き無中を楽しんでいました。

教師の皆さんとの楽筆

その結果、固まったこころは やわらかくなり、自信を無くしていた自分に「ほんの少しの自信の芽」を見つけました。

楽筆では左手で筆を持ち書きます。20数年前に私が始めた書き方ですが、現在の脳科学では左で書く事で、右脳の活性化、前頭葉の活性化が実証されてきています。

結果的にお伝えできることは、左で筆を持ち言葉を書くこと!色を使いアートを楽しむこと!誰かに喜んでもらえることをする!これらが自分自身のこころのケアに役に立つことです。

楽筆は決して極め、腕を磨く筆文字の世界ではありません。「こころの元気」「こころのセルフケア」「感動のわかちあい」をテーマにした筆文字、アートセラピーを目指しています。

この思い、理念をさらに多くの皆さんにお伝えするために、楽筆では講師養成に力を注いでいます。共感される皆さんが講師養成講座を受講されてています。

楽筆協会/ 主宰  かなだ  つとむ

 

 

お問合せ

お申し込みはお電話でも。0564-62-5850
不在の場合はつとむ直通に! 080-51151472