ヘタだからこそ感動する。

僕自身のことですが!グラフィックデザインの学校に行ったのは!例えば絵が上手いとか書道の有段者とか全く無くて!ただ何かデザイナーってカッコイイなあ!それくらいの思いからなんです。

姉がファッションデザイナーとして東京で働いていて!憧れみたいなのもあったと思います。

つまり字も絵もめちゃくちゃヘタでね!多分デザイン学校時代の同級生が知ったら?お前がアートを教えてるのか⁉️と笑われると思いますよ。でね!ヘタな自分だからこそ描けるシンプルな技法を考えて描いて観て!自分で描いた作品に感動してしまうんです。

楽筆アートが皆さんに新鮮な驚きや感動をお伝えできているのは!ヘタな自分が考えたアートだからだと思っています。こうあるべきだ❗️こうでなければいけない❗️この固定観念を全て疑ってみることから!きっと面白い発見が生まれてくると思います。

そもそも子どもの頃からお手本を見ながら書くことが苦手でね、どうも集中できなくて好きに落書きして遊んでた自分ですからね。

楽筆協会主宰/かなだ つとむ

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。