楽筆(らくひつ)のコンセプト、根底にあるものは‼️

楽筆の一番大切にしていることは、自分の言葉を書くこと!好きな言葉から始まり、今の自分に言ってあげたい言葉、癒しの言葉であったり、元気になる言葉であったり、自分の中から出てくる言葉を書くことによるアートセラピーとしての役割です。

言葉には力があります。自分で自分に行ってあげてほしんです。誰かに言ってもらうのではありません。

今から20年ほど前に 僕がうつ病で苦しんでいる時に生まれたのが楽筆です。

言葉を吐き出すように出す、そして書く、ネガティブなことでも良いのです。素敵な言葉を書こうなんて思わなくていいんです。

自分を許し 受け入れ 支える それが楽筆の原点だったんです。

 

今ではこの楽筆を一人でも多くの皆さんにお伝えするために講師さんを養成しています。根底にある「こころの言葉」から様々な技法や、プレゼントして喜んでいただけるギフトの描き方などを学んでいただいています。

【何を書くか どう書くか】を楽筆講師養成講座を通してお伝えしています。興味のある方は↓どうぞご覧ください。楽筆主宰/かなだ つとむ

https://peraichi.com/landing_pages/view/trial-9

 

 

問合せ1

お申し込みはお電話でも。0564-62-5850
不在の場合はつとむ直通に! 080-51151472