セルフメンタルケアとしての楽筆。

楽筆の始まりは 「 セルフメンタルケア」です。

私自身が20年ほど前に、自分で自分を支えるために

たまったストレスを言葉にして書き続けました

自分の心を癒すために言葉を書き続けました

そうしないと固まった心が壊れてしまいそうだったから

神経科の薬では「源気」が心の底から湧き出てこなかった自分が

言葉にして書くこと  自分を支える言葉を自分のために書くことで

気がつくと長いトンネルの出口に辿り着いていました

今 思うのは 声に出して叫べなかったネガティブな思い

自分の心を包み込むような やわらかくて あったかい言葉を

自分へのプレゼントとして無心で書き続けた日々が

私にとってのセルフメンタルケアになっていました。

楽筆で一番大切にしている事、つくらない、かざらない文字でこころの言葉を書くこと、大切な自分のために。今の自分を愛してあげるために。(スケッチブックワークとして皆さんにお伝えしています。)「こころの言葉のワーク」などもご希望により行なっています。

楽筆教室のテーマは「無心で自分の個性を楽しむ」こと。

今 楽筆(らくひつ)教室、楽筆講師の皆さんに学んでいただいている、楽筆ギフトは全て大切な人に喜んでいただく!笑顔で繋がる!ことがテーマです。東急ハンズさんでの実演販売、ネット販売での経験から生まれたノウハウを出来る限りシンプルにして、誰もが楽しめる内容にしています。

セルフメンタルケアとしての「楽筆」、自分の個性を楽しむ楽筆、大切な人へのプレゼントを描く楽筆、これからも皆さんにお伝えしていきます。

楽筆主宰   かなだ  つとむ

 

 

 

 

問合せ1

お申し込みはお電話でも。0564-62-5850
不在の場合はつとむ直通に! 080-51151472