楽筆(らくひつ)は二刀流・・・⁉️

楽筆は基本、文字は左手で書きます。

これは私が20年前に筆文字を書き始めた頃に始めました。

お習字は子供の頃から好きでしたし、デザイン学校でレタリングなども学んできましたので自己流で筆文字を書き始めました。

ところが、どうしてもお習字のテイストが強く、上手に書こうとかカッコいい文字を書こうとしてしまう自分が無意識に顔を出し、素朴な味わいが出て来ない⁉

そこで思いきって左で筆を持ち書き始めたんです。すると、全く思うように動かない、手が震える、線を一本書くにも必死の自分がいてね、言葉を書いてみたら何ともヘンテコだけど、素朴な味わいの文字になったんです❗

完全にはまってしまい、現在に至っています。昨今では、脳科学などの分野の研究により、左で書くことは脳の活性化に良いとまで言われるように❗

私自身、20年前に左で書き始めた時は、そんな脳の活性化に良いなど知るよしもなく❗ただただ面白くて、意図しない線、文字の味わいに酔いしれていました。これが本音です!

ただ、僕はその頃うつ病で苦しんでいたので、もしかするとこの左で書きまくってたのが脳の働きに良かったのかもしれないですね。

今では左手も自由に動くようになり、上手になってしまいました⁉時々初心にかえるためのワークを自分でやっています。講師さんにはこのワークをこっそり教えています・・・・・

なかなか面白いワークですよ🤣

さあ 今日も一日  元気出して  生きましょう。つとむ

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。