楽筆講師用 無料レンタルブログの受付を再開しました!

楽筆講師のみなさんへ

昨年から中断していた楽筆講師用ブログの無料レンタルを再開しました。
基礎講師以上の方にご利用いただけます。

ご自分の教室のブログをお考えの方は、こちらからお申し込みください。

講師用無料ブログ申込フォーム

楽筆レンタルブログの特徴

ブログはWordPress(ワードプレス)を使っています。

現在、世界中で愛用されているWordPressを使います。
この楽筆ホームページもWordPressでできています。
WordPressは他社運営のブログとは違い、楽筆協会で独自に設置しているので、無駄な広告は表示されません。
ご自分の教室や、趣味の内容などに、集中して読んでもらえます。

スキンで着せ替えができる Simplicityというテーマを採用

今回の再開に際して、新しくSimplicity(シンプリシティ−)というテーマを追加しました。
テーマはWordPressの見た目を変えるためのデザインテンプレートですが、取り換えることで表示が崩れたり、設定した項目が消えることもあります。
今回採用したSimplicityには、テーマを取りかえることなく、見た目だけ変更できる「スキン」が付属しています。
季節に合わせて、お好みに会わせて、いつでも簡単に、そして安全にデザインを変えられます。

SEOに強いSimplicity

Googleなどのサーチエンジン(検索システム)に効果的に拾われるための仕組みをSEOといいます。
このSimplicityは、SEO効果が高いことで有名なテーマです。
伝えたいことを、ていねいに、きちんと書き続ければ、キーワード検索で上位にでることも夢ではありません。

楽筆レンタルブログでできないこと

自分でテーマやプラグインを追加できません

楽筆レンタルブログは、「マルチサイト」という方法で構築しています。
全体の管理者のみが、テーマやプラグインを追加できます。
みなさんは、入っているテーマやプラグインを使ったりやめたりはできますが、新規の追加はできません。

独自のドメイン名で運用はできません

ドメインとは、ホームページやブログのURLを自分オリジナルの名前にすることです。
たとえば、楽筆サイトでは、rakuhitsu.com というドメインを取得して、それをサイトに適用しています。
楽筆サイトのドメイン
http ://rakuhitsu.com

楽筆レンタルブログはrakhitsu.comのドメインを使っています。
(例)http ://rakuhitsu.com/memver/ikuko

みなさんが、独自に決められるのは、上の例でいうと「ikuko」の部分だけです。

使い方が分からなくて不安な方へ

使い方講習をご用意しています

WordPressを触ったことがなく、どこで記事を書くのか、写真はどうやって入れるのか、また、スマホで更新する方法など、最初のとっかかりを教えて欲しい。
そういう声にお答えして、講習会をご用意しています。

今回、講習をおこなう専任コーチをお願いしました。女性講師でとても親しみやすい人柄の方なので、初心者でも安心です。
名古屋市緑区を中心に、お好きな場所でマンツーマンでご指導します。
指導料 3,000円/回 (2回目以降割引あり)

WordPressビギナーズ名古屋にご参加ください

楽筆WEB担当のIKUKOが主催する「WordPressビギナーズ名古屋」というイベントがあります。
毎月定員以上の申込があるので、必ず参加できるとは限りませんが、ご利用いただくのもひとつの方法です。
https://beginners.nagoya/

楽筆講師用無料ブログを借りるには

① お申し込みの前に、希望URLを決めてください。
http ://rakuhitsu.com/memver/●●●●●

文字数に制限はありませんが、使えるのは半角英数のみです。

② メールアドレスをご用意ください。
ブログを作るのに必要です。
また、ブログ公開後に、お問い合わせを受け取るためのメールアドレスにもなりますので、日常的に使っているアドレスがオススメです。
キャリアメール(ezwebやdocomoなど)では、パソコンからのメールを受信できない設定になっていることがあるので、できれば gmailなど、スマホでもパソコンでも見れる・送れるメールが良いです。

③ 以上の2つが用意できたら、下のページのフォームからお申し込みください。
講師用無料ブログ申込フォーム

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。