楽筆メソッドとは・・・

教え方が変われば 学び方も変わる‼️

通常お習字や筆文字の教室では、基本お手本があり、お手本を見ながら決まったカタチ、枠の中で皆さん学ばれています。これが今までの教え方、学び方です。

楽筆メソッド(方法、方式)では、書き方(段取り)を学び、後は自由な発想で自分の世界を楽しみます。基本的にはお手本を置いて書くことはありません。

楽筆が一番大切にしている、「5つのポイント」で言葉を書く、書く言葉は自分の感じたことを言葉にして書きます。当然、皆んな違います。これが楽筆のすすめる「メンタルアートトレーニング」です。

また「12の技法」を使い様々なアートを描きます。これにより完全に自分の発想で描くことを楽しみます。字が下手、絵が下手、感性がない、全く関係ありません。もともとアートの感性はみなさんに中に在ります。ただ使い方を知らなかっただけです。

楽筆メソッドは教え方、学び方が全く変わる新たな試みです。ぜひお近くの楽筆教室で体感してみてください。現在、愛知、大阪、東京などで楽筆講師さんが教室を始めています。また楽筆講師養成講座も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

楽筆主宰 かなだ つとむ

お問合せ

お申し込みはお電話でも。0564-62-5850
不在の場合はつとむ直通に! 080-51151472