この花の名前は あなたがつけてくださいね。

実演販売などで お客様からのご依頼でよくあるのが 入院してるご家族や、お友達に贈りたいので何か書いていただけますか⁉

ある時  そんなお客様からのご依頼で ふっと出てきた言葉に一輪の花を添えて書かせていただきました。

額にお入れしてお渡しすると 詩を読んだお客様が涙を流され 感謝の言葉をいただきました。

その時のことを思い出して少しアレンジして描いてみました。描いてて涙が・・・実演販売の時はがんばっちゃって涙こらえてたんですがね!

生意気な事はメッセージとして書くことはしないと決めているので、ふっと心にわいてくるあたりまえの言葉をお書きするようにしています。言葉の力はすごいんです。まずは自分に言ってあげる言葉として書かれることをお勧めします。

最近  自分に向けて詩を書くのを楽しんでいます。

楽筆主宰/かなだ  つとむ

問合せ1

お申し込みはお電話でも。0564-62-5850
不在の場合はつとむ直通に! 080-51151472