下手の魅力。・・・④

今回は少し話がそれますが、僕の好きな作家さん、影響を受けた偉大な方々について少しだけお話しします。ちょっとだけ長くなりますが読んでいただけたら嬉しいです。

書家では「榊莫山先生・石飛博光先生・相田みつを先生」画家では谷内六郎さん、版画家の棟方志功さんです。

莫山先生はまだ字を書き始める前、NHKの書道教室で毎週テレビで見ていました。書家の枠から飛び出したイメージが好きで最も影響を受けた先生です。

石飛先生は、「ほっとする禅の言葉」という本で知り今でも愛読書として時々見ています。この本はオススメです‼

相田みつをさんを見たときの衝撃は大きかったです。デザイナーとしてこの下手さ加減はインパクト大きかったです。

僕自身デザイン学校時代、先生から褒められた言葉「君は発想とレイアウト感が面白い❗絵も字も下手だけど自分の良い所を伸ばしなさい。」この言葉で僕は下手の魅力をどう生かすか、いつもそればかり考えていました。見た人を驚かせたい!

この頃から「下手」は僕の中でネガティブな言葉ではなく、ポジティブにしてくれる言葉になっていました。人のこころの琴線にふれる何かが下手の中にある!そう感じてました。

例えば 少し話が逸れますが、男はつらいよの「寅さん」は世渡りが下手な男、でもあったかくて、涙もろくて、怒りっぽくて、素直で、まっすぐで、魅力溢れる人。下手って不思議な魅力なんです。個性そのものかなあ・・・

楽筆で皆さんにお伝えしたい思い❗つくらないで、飾りすぎないで、シンプルな中にあなたの個性、魅力はちゃんとある。飾りたてた世界にはあなたがそこにいない!味わい深いは人間性そのもの!そんなことを楽筆で書くことで感じていただきたい!

何を書くか  どう書くか  どう見せるか  どう伝えるか

下手の魅力を もっともっと伝えたい  そう、もっともっと自分を感じてもらえるように、毎回教室で楽しんでもらえるように、これが僕のお仕事です。

楽筆主宰   かなだ  つとむ

読んでくれて ありがとう。

 

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。