直心。 (じきしん)

直心(じきしん)・・・素直な心

この言葉を聞いて どきっとしました。心に残る言葉でした

楽筆では「素直な線」を書かれる方に、この線は宝ものです とお話しすることがあります。線には必ず個性が表れます。繊細な線、大胆な線、意図的な線、そして素直な線、あなたの線はどんな線ですか?

最近 上級講師講座でよく聞く言葉!「書くにつれて上手になってきて、味わいが?」、「もっと下手がいいなあ」と言われてもどうすれば⁉

その答えが「直心」素直な心、素直な線の中にあります。左手で筆を持ち書きはじめ数ヶ月、数年書いていれば当然慣れてきます。コントロール出来るようになります。1つの自分のカタチが出来たと言えます。

でも、初めての左手で書いた時のあの感覚にもどりたい!そんな事を感じるのは皆さん同じようです。実は僕も同じ事を感じてた頃があります。その時に偶然に始めたのが「ゆび文字」でした。余計なことはしない線の中に素朴な味わいがありました。

時々指で書いてみる、そして筆で書く時のポイントは線を繋ぐイメージで書く(簡単なワークをします)この2点をお話ししています。

字を書くこと、筆文字の世界はなかなか繊細な世界ですね。楽筆も失敗しながら進化して来ました。これからもです。

 

楽筆主宰    かなだ    勉

 

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。