感じた事を言葉にする、言葉を紡ぐ練習法・・・❣️

あなた

好き

先日の教室で皆さんに楽しんでいただいた自由詩の書き方をまとめてみました。参考にしていただけたら嬉しいです。

❶ タイトル(テーマ)を決める

出来るだけ普通の言葉、会話に使うような!(難しい言葉は使わない!)

❷ タイトルからイメージする出来事や思いを箇条書きにいくつも書く!

❸ 箇条書きにした言葉をシンプルに短い言葉、または単語にする(長い文章のいらないところをトル作業・リライトします)

❹ 出来上がった短い言葉の順番を必要ならば変えてみる!

❺ 最後にタイトルの言葉を入れる!(タイトルを入れた言葉など)

❻ 同じ言葉、キーワードを何度も繰り返す!

この方法で感じた事を言葉にする事で自由詩が出来上がります。詩を書く事で自分の心にある思いを表現します。書きあがった時、表現する喜び、感謝の気持ちにつつまれます。

こうして時々自由詩を書く事で、言葉に対して敏感になり、感じた事を短い言葉にすることが楽しくなります。楽筆ではスケッチブックワークをおすすめしています。一日一枚、その日感じた事を短い言葉にして楽筆で書きます。これも言葉にして表現し、気持ちを外に出してあげるためのワークです。

自由詩を書く事で言葉を紡ぐことが自然になって来ます。皆さんも詩人になって言葉を紡いでみましょう。先日の教室では自由詩を書き終わった皆さんの表情がとってもやわらかく、祝福の時間になりました。嬉しかったな❣️

楽筆主宰/ かなだ  つとむ

 

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。