【自伝】 さあ筆を持とう 字を書こうNo.2

字を書くことでこころはやわらかくなる

image

ひきこもり  黙々と字を書いてた僕ですが   ある時、どうしても広告の仕事で打ち合わせにいかなくてはいけないことがあってね、あぶら汗をかきながら名古屋にあった自分の事務所に出社したのですが、その時に事務所に来られた印刷会社の部長さんが僕が書いてた字を見つけて、「これ良いねえ」の一言、この一言が僕の人生の大きな転換点になったんです。人生は何が起こるかわからんです?

そこで書きためた字をカレンダーにしよう、という話になり何と無料で印刷していただいたのです。人のこころの温かさにふれて涙したことを覚えています。

ちょうど時は西暦2000年、このタイミングでカレンダーが作れた事に感謝して、僕は必死の思いで名古屋の東急ハンズアネックス店さんに営業に行きました。

この頃の僕は神経内科に通院し、かなりきつめの薬を処方してたんでこの時ばかりは薬の力で乗り越えたという感じです。アネックス店さんのプレゼンに成功し、店頭に僕の書いた言葉のカレンダーが販売されたのです。結果的に完売するほどではなかったのですが、そこそこ売れたので安心したことを覚えています。

つづく

 

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。