【自伝】さあ筆を持とう 字を書こう No.4

字を書くことで こころはやわらかくなる。

image

会社にはあまり行かず、家にこもり字を書き、ネットでメールマガジンを書き、毎日個展をアップする、こんな日々が続いていた僕にある出来事が!

それは東急ハンズアネックス店さんからのお電話で、「和風のウェルカムボード」というものを企画しているのですが、金田さん商品の企画デザインをやってくれませんか?というお話、さて 僕には何のことかよくわからず、ウェルカムボードって何ですか?そんなレベルの僕でしたからね。

ハンズさんに行くことになり、かなりドキドキの自分で必死の思いで言った覚えがあります。そこでお話をお聞きして初めて何を作るのか、どう作ればいいのか、理解できました。1つだけ決まっていたことは、透明のアクリルフレームに入れて販売するということ。僕は透明だからあったかい味わいを少しでも出すために、手すきの紙を使う事、そして文章も今までになかった筆文字の味わいを出すように言葉を作りました。「ふたりの  幸せは   はじめ」これが一番売れたかな?

カレンダーを販売してもらい、今度は和風ウェルカムボードの立ち上げに僕の字を使ってくれた、東急ハンズさんとのご縁はここから始まったんです。感謝の一言ですよね!

この頃、ついに名古屋の会社は閉めて、広告の仕事は字を書く事だけにして、広告デザインの仕事は自分ではほとんどしなくなっていました。ありがたい事に友達のデザイナーから企業のカレンダーやイベントのポスターの文字、ロゴタイプなど時折お仕事をいただき筆文字作家としての僕が始まりました。

さて、東急ハンズさんが名古屋駅に開店することになり、またまた僕に難題が発生するのです。その1つが実演販売です。人ごみに出る事がシンドイ 僕に実演販売は無理、無理ですよね?    

つづく

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。