自分を支える言葉を自分で書く、これが楽筆の始まりでした。

ネガティブなな事をを書き続けた後、そんな自分でも何とか元気になりたい、立ち直りたい、そんな思いが溢れ出し書きはじめたのが自分を支える言葉たちでした❗️

溢れるように出てくる言葉をただただ書き続けた、これが今楽筆の講座で皆さんにお話ししている楽筆のテーマです。

夜布団に入ると勝手に頭が動き出し、自分を責めたり、元気だった頃の自分と比べてみたり、不安に押しつぶされそうになる、そんな時自分を支える言葉を呪文のように自分に言ってあげる。

トンネルには出口がある。この言葉を僕はいつも自分に言ってあげていました。

そして気がつくとトンネルを出て新しい風景を見ていた自分がいたんです。字を書き、販売する、考えてもいなかった世界が僕の仕事に、生業となっていました。

これが筆文字つとむ、楽筆の始まりでした。私は今ここにいます。恥ずかしがり屋で、気弱で、弱くて強い自分がいます。出逢った全ての皆さんに感謝です。

楽筆作家   かなだ  つとむ

楽筆オンライン講座 受講生募集中

動画教材とLINE添削で全国どこでもご自宅で楽筆メソッドを習得していただけます。
ベーシック以上で講師の資格も合わせて取得していただけます。講師用にオンラインで教えるための教材もありますので、すぐに自宅でオンライン教室を開くことも可能です。
くわしくはこちらをご覧ください。