さらけ出しちゃうと楽になることもある。 | 筆文字教室「楽筆」らくひつ 名古屋 東京 大阪 | 全国どこでもオンライン資格取得

さらけ出しちゃうと楽になることもある。

昔ね、小学校の頃のお話です。僕は幼稚園の時に海で溺れたことがあってね、水泳が大嫌い❗️水が怖くて泳げない、いや溺れる!だから水泳の時間は恐怖でね、ほとんどサボっていたんです。

当然のことに友達から色々言われたり、変な目で見られたり!そんな僕がある夏休みに親友の一人に海で溺れて水が怖いんだ、という話をしたんです。

かなりの決断でね、小学5、6年の頃かな❓もう忘れかけてるけど?そしたらその友達が少し離れたプール(学区の違う)に一緒に行こうと言ってくれてね、そこで同級生の目を気にせずに泳ぎ方を教えてくれたんです。

と言っても泳げるようにはならなかったけど、水で遊ぶことくらいは出来るようになったんです。

僕はこの時、自分の知られたくないこと、隠していた事を友達にさらけ出した事で、友情や思いやりの心をもらったんです❗️と同時に心が楽になったんです。

この時と同じように僕がうつ病になった時、デザイン会社の経営をしていたので誰にもうつ病になった事は隠して、薬の力で何とかごまかして仕事をしていました。

打ち合わせに行けなかったり、デザイナーに行ってもらったりしていたのですが、ある時取引先の部長に思い切って話したんです。うつ病で薬のんで何とか仕事してる事を、その頃字を書き始めてたんで会社に書いたものが置いてあってね、それを見た部長が「かなちゃん」(あだ名です)、これカレンダーにしよう!印刷はうちの会社でしよう!(無料)と言ってくれたんです‼️

そのカレンダーを東急ハンズアネックス店で販売することになり、そこから僕の東急ハンズさんとのお付き合いが始まったんです。筆文字作家としての一歩だったんです。だいぶ長くなりましたね⁉️もう少しです!

この時も信頼できる人に自分の隠していたこと、知られたくなかった事を話した、今の自分をさらけ出した事で、僕は自分の書いた字を褒めてもらい、無くなっていた自信を少しもらったんです‼️

写真の文字、言葉は僕が感じた事をそのまま言葉にして書いたものです。今から18年くらい前だと思います。

自分の中から出てくる本音、言葉には力がある、僕はそう信じています。楽筆を拡げたいその思いは、自分を受け取る、認める、許す、降参する、ここから始まり、ここから変わる!教室、講座を重ねるたびにそんな思いが溢れてきます。 つとむ

楽筆講師養成オンラインコース

動画教材とLINE添削で、全国どこでもご自宅で楽筆講師の資格を取得していただけます。講師になる予定がない方でも、マンツーマンのLINE添削で、自分でも驚くような作品を短時間で作れるようになるのでお勧めです。

くわしくはこちらをご覧ください。
PAGE TOP